不妊治療を始める前に知っておくべきこと|様々な治療法がある

スマホを操作する人

赤ちゃんが欲しい

不妊に悩む夫婦が増えています。体外受精を大阪で検討している夫婦のサポートを行なっています。待望の赤ちゃんを一緒に待ち望みませんか?

こちらのサイトでは不妊治療に役立つ情報を掲載しています。元気赤ちゃんが欲しい夫婦は閲覧して、今後の治療に役立てましょう。

悩み

夫婦生活が一定回数あるのにもかかわらず、2年以上妊娠しない場合を「不妊」と呼びます。近年では、1年以上でも「不妊」という扱いになっており、患者数も年々増え続けています。そこで、不妊治療をはじめる前に知っておきたいことや、やるべきことですが、まずは、恥ずかしがらずに早めに行くことです。はじめは不安があるかと思いますが、クリニックに行くと同じ悩みを抱えている人たちが大勢います。不妊治療は年齢が若いほど効果的ともいわれていますので、もしかしたらと思ったらすぐにっクリニックに相談に行くようにしましょう。次に、不妊の原因を探るために、クリニックでの検査や問診はもちろん、女性の場合には基礎体温表が非常に役立ちます。その月によって、体調やホルモンバランスが異なるため、なるべく多くのデータを持っている方が良いでしょう。最低でも1か月、できれば3か月、長ければ長いほど良いでしょう。

不妊治療をはじめる前に、まずは、自分たちでどんな検査があるのか、どんな治療があるかなどをある程度勉強していくのが良いでしょう。現在、患者数が増え続けているクリニックでは、一人の患者にたっぷりと時間をかけている余裕はありません。少しでも多くの患者さんを診てもらえるように、治療をうける側も、自分で調べられる不妊治療に関する情報を少しでも多く得るようにしましょう。それにより、治療への不安や恐怖心が安らぐはずです。また、クリニックによって、治療方針やステップアップのタイミングが異なります。もちろん、セカンドオピニオンを受けることもできますので、まずは、自分たちにあったクリニック探しからはじめてみましょう。

体外受精も検討しよう

困っている人

不妊治療の一つに体外受精があります。卵を採卵して体外で受精培養し、子宮に戻す方法です。人工授精より確率が高いので人気です。ただ治療費が高いです。助成金をうまく利用してください。43歳以下であれば利用可能です。自分にあったクリニックを選びましょう。

詳細を確認する

確実性の高い治療と男性

女の人

子どもが欲しくても中々授かることができない、という女性は年々増えています。そのため、不妊状態を治療するための不妊治療に対する期待が高まるようになりました。不妊治療の主な方法としては、顕微鏡を用いて受精卵を作る方法などが挙げられます。

詳細を確認する

晩婚化とホルモン療法

女性

国民全体の学歴水準が上がったことに関係してか、女性の晩婚化も加速をはじめています。しかし晩婚化が進むことで、数年を費やしてもなかなか子どもが出来ないという方も増えてきました。自力での妊娠が難しいと判断した場合には、出来るだけ早く不妊治療を受けましょう。

詳細を確認する